彼との距離をたった一言で短くするテクニック

ソフトイーエックスでは、大好きな相手との親密な関係を築くため、距離を近くするための「感情」についてのノウハウをお伝えしていきます。
心が通じた関係になっていないという方は、「感情」に意識を向けてみませんか?
きっと彼との距離が縮まるはずです。
相手と話をしているはずなのに、なかなか親密になれない、どこかよそよそしい、など良い関係であるはずなのに、どこか不安で相手との距離を感じてしまうということはありませんか。
ここでは、そんな相手との関係性についていくつかのポイントをあげてみていきたいと思います。
大好きな彼との心の距離を縮めたいと思っているあなた、しっかりチェックしてみてください。


相手に意識を集中させる

「自分自分」になっていませんか?
つきあいが長くなればなるほど、自分を押し付けてしまうということはありませんか?
誰でも、自分のことを理解して欲しいと思い、そして自分の気持ちをわかって欲しいものですよね。
そんな時に、自分の事ばかりを話したり、自分の意見ばかり通そうとしてしまったら、相手も困ってしまいますよね。
はっきり言えば、相手はあなたの話ばかりを聞きたいのではなく、自分の事をわかってもらいたいのです。
ですから、大好きな相手には意識を向け、どんな気持ちでいるのか注意深く感じてあげてください。

「感情」の動きを読み取る

「相手に意識を向け、しっかり気持ちを感じてあげて」と言われてもよくわからないかもしれませんが、簡単に言うと「相手に共感する」ということです。
相手の言葉そのものや、行動そのものを汲み取るのではなく、「感情」に共感してくださいね。
相手が今、楽しいのか、寂しいのか、それを感じてあげられれば、相手は自分を理解してもらえたと思い、あなたに対して心を開いてくれるでしょう。

「感情」を読み取り、言葉で伝える

相手の気持ちに意識を向け、感情を理解できたなら、それを言葉にしてみましょう。
単純に「何かあった?」と事実を確認するのではなく、相手が今どのような気持でいてあなたにどうして欲しいのかをしっかり感じ取り、言葉で伝えてあげてください。
相手があなたに何か伝えてくれたら、その「気持ち」を違うパターンの言葉で言い返してあげてもいいですね。
相手はあなたが自分のことを理解してくれると喜んでくれるはずです。

一般的な会話は距離を縮めない

一般的な会話、例えば天気予報やニュースのネタなどは人とコミュニケーションをとる上ではとても役に立ちますが、大好きな彼との間の距離を縮める内容にはなりずらいものです。
しかし、それらのネタから「相手の感情」へ近づくステップとなるようであればそれらの会話も生きたものになるでしょう。