初対面で気をつけたい話し方

初対面で会話をしたり食事をする際は、誰もが第一印象をよくしたいものです。
そのためには、まずマナーやモラルを身につける必要があります。
これらが身に付いていないと、常識のない人間と思われてしまい、良い印象を相手に与えることは難しいでしょう。
マナーやモラルは意外と理解しきれていない人が多く、人と関わる際に無意識に相手に嫌悪感を与えているケースもあります。
今回は婚活で初対面の相手と会話をする際に気をつけたいことをいくつか紹介していきます。


自分の話しかしない

初対面の人と会話をするときは、会話が途切れないようにと必死に話題を提供しようとする人や、自分を知ってもらいたいと相手の話をろくに聞かず自分の話ばかりする人がいます。
会話が途切れず楽しい会話は、確かに重要です。
しかし、このような会話の仕方では相手が反応に困り、良い印象ではなくなってしまいますので注意しましょう。
相手が共感しやすい話題を選んでみたり、相手の話を聞く場面を作ってあげたりと反応しやすい会話をすることがポイントになります。


初対面の相手に根掘り葉掘り聞かない

話題に困ってしまうと過去の話を持ち出す人がいます。
例えば、今まで交際してきた人数や過去の恋愛の悪口、恋愛の自慢などです。
このような話題は相手に決して良い印象を与えることはないので、話題に出すのはやめましょう。
意外とこのような話題を初対面の相手にしてしまっている人が多く、相手に悪い印象を与えているのです。

返答に困る質問や話題も控えましょう

深く考えていなかったとしても、相手が困る話題は避けましょう。
「連絡したのに返事が遅かった」「話題を提供しているのに楽しそうじゃないよね」という会話をしている人がいますが、このような言葉を言われた相手は自分のことを良く思っていないと感じてしまいます。
更に、過去に交際していた人物と比べたりすることももちろん良くありません。
初対面とはいえ、このような話をされてしまうと「自分はこの人にとって必要ない」「この人にはもっと他に良い人がいる」思われてしまいます。
婚活に集まっている人は、皆同じ話題で盛り上がると勘違いしがちですが、自分のことばかり話してしまったり、相手のことを考えていないとなかなか成婚まで辿り着くことは難しいでしょう。
初めは当たり障りのない軽めの話題で会話をしてみましょう。
その後、ある程度仲良くなれたら込み入った話をして相手のことを知っていくようにしましょう。