婚活で失敗する人の特徴

婚活経験者の方なら、婚活で失敗した経験がある方も多いのではないでしょうか。
逆に一発で婚活が上手くいくということは滅多にありません。
人間失敗も大事で、失敗をすることで次へとつながることもあるのです。
今回は、婚活で失敗した人が改善して成功へと近づけるように婚活で失敗する人の特徴をご紹介していきましょう。


条件ばかりを重視してる人

自分のことを棚に上げて、相手にばかりレベルの高い条件を求めていませんか?
条件を選べるということは婚活の中でもメリットの一つですね。
条件を求めることも成功へ向けてとても重要なポイントとなりますが、婚活で失敗をする人の一番の原因が条件がとにかく多い、条件をとにかく重視していることです。
理想の条件が高くなればなるほど、そもそも条件に当てはまる人も少なく、競争率も上がってしまいます。
自分が相手のプロフィールを見るということは、相手にも自分のプロフィールを見られているという意識を持ち、相手にばかり求めずに自分も選ばれる努力をすることも大切でしょう。


過去にとらわれている人

過去の恋愛の成功例や失敗例にとらわれすぎていては、せっかくの成功するチャンスも逃してしまっている可能性があります。
過去の経験を生かすことも大切ですが、とらわれすぎていてはダメなのです。
これから新しく会う人は、これまで会ったことのない大きな出会いです!
過去の人がこうだったから、この人は少し似ているからこういう人だ!や、絶対にこの条件の人じゃないとやっていけないなど決めつけるのではなく新しく出会ったその人に興味を持ち、その人のことを知りたい、知ろうとする姿勢が成功へのポイントです。


傷のなめあいをする

婚活を失敗したもの同士で女子会を開いたりしてしまっては「全然いい人がいなかった」「結局私たちだけでいるのが楽だし楽しいよね」などと傷をなめあっていては絶対に婚活は成功しません。
「ここがダメだった」「次はこうしたい」「こうした方が会話は弾むんじゃない?」などお互いが婚活の意識を高めて次につながるような会話をすることは非常に良いことです◎
ポジティブなお話ができる友人との食事などは積極的に行くべきですが、ネガティブな食事会は避けましょう。
婚活はとにかく前向きに自分のペースで焦らずに楽しむことが成功へのポイントです。
会話の引き出すために趣味を増やしたのに、お金がかかりそうと思われてしまったりなどの失敗は次から次へと改善していけばよいのです。
失敗は成功のもとなので、しっかり自分を見直して前向きに婚活を頑張りましょう!