婚活に失敗する人の特徴

「結婚したいけど出逢いがない…」そんな時、婚活をスタートさせる人が多いです。しかし、婚活で失敗続きが続くと自分に自信がなくなる他、焦りも出てきます。
なぜ、婚活で失敗するのでしょうか。失敗する人の特徴を紹介します。

婚活で失敗するケース

・簡単に出会える
2000年の後半から、婚活ブームが巻き起こった事もあり様々な場所で出会う事ができます。
相席居酒屋、婚活バー、お料理教室…誰もが気軽に参加できるところが魅力です。
しかし、気軽さ故にライバルが多くなってしまう事もあり出会いはあるけどその先につなげる事ができなかったりします。

・条件が客観的すぎる
婚活をするにあたり、やはり相手に求める条件を決めているでしょう。
年収、性格、年齢の上限…想像しながら、「こんな人いたらなぁ~」と思うだけでワクワクする人もいるのではないでしょうか。

あだ、そういった条件を相手だけに求めるとなかなかいい相手を見つける事はできません。自分はどうなのか?相手と同じ価値観を持っているのか?など相手の条件だけでなく、自分の事もしっぱり見つめる必要があります。

・ドラマチックな出会いを求めていませんか?
婚活をすると「あの映画のような出逢いが…」「運命的な人に巡り合える」
などと思っていませんか?

婚活の場合、恋愛をしたり恋人を見つけるというのが目的ではありません。
「今すぐに結婚したい」「結婚を前提にお付き合いしたい」といった人ばかりになります。
中途半端な出会いや恋人のみを求めているのであれば、合コンに参加した方がいいかもしれません。

このように、自分の意見や条件、婚活の意味合いをはき違えてしまう事で、何年婚活をしても運命の人と出会う事はないので、注意しましょう。

婚活で忘れてはいけない事

・相手の目線になる
コミュニケーションを図る上で、相手の気持ちを考える事は重要です。
理想は誰にでもありますが、それを押し付けるのはやめましょう。

・あまりこだわりすぎない
「理想に近づく為に頑張る!」これは大切な事ですが、あまりにもこだわりが強くなってしまうと、お互いが無理をする羽目になります。
ですので、全部をOKにするのではく、まずは1個いいと思える事を見つける事が長続きする秘訣になります。

いかがでしたか?

婚活ブームを迎え様々な場所で出会いを見つける事ができるようになりましたが、競争率は以前に比べると高くなりました。
闇雲に独走するのではなく、柔軟に対応したり、少し自分と向き合ってみるというのもおすすめです。