婚活で失敗しがちな男性は褒め方で失敗している

婚活に参加している男性で、なかなか上手くいかないと言う方は女性の褒め方で失敗している可能性があります。
男性でもそうだと思いますが、褒められ方によってはあまり嬉しく感じないこともあるはずです。
今回は、初対面の女性の好感度を上げるための褒め方について紹介していきます。

ド直球な褒め方は良くない!

初対面の人を褒めようと思ったときに、内面はわからないので見た目を褒めることになります。
「可愛いね」とか「美人だね」、「すごくタイプだよ」という褒め言葉は、嬉しいというより気持ち悪いと感じられてしまいます。
下心満載なのかバカにしているのかどっちかだろうと思う女性もいるかもしれません。
そう思われないためには、「素敵な洋服ですね」とか「ネイルが華やかですね」、「オシャレなワンピースですね」などのように、身につけている物を褒めることをオススメします。
婚活イベントに参加する女性は精一杯オシャレをしてくるはずなので、がんばりを褒めてもらえるのは嬉しく感じるものです。

昔ではなく今を褒めよう

婚活イベントでは、事前にどんな相手が参加するのか写真を見ることもあります。
そのようなイベントの場合は、「写真よりも綺麗ですね」と言われると女性は喜びます。
「写真よりも素敵な方なので緊張してしまいます」などと伝えると、照れくさい素振りを見せるかもしれませんが、内面ではきっと喜んでいるはずです。
また、過去の写真を見せてもらった場合でも、今の方が好みであることを伝えることが大切です。

相手の悪いところと良いところを対比して褒める

気になる相手の良いところばかりを褒めてしまうと、上辺しか見ていないように思われる可能性があります。
そのため、「子どもっぽい雰囲気だけど、芯がしっかりしていてカッコいいですね」とか「ドジな一面もあるけど、雰囲気が温かいから好みです」のような伝え方をすると、自分がいまいちだと思っている部分も受け入れてもらえたと感じて、安心してもらうことができるでしょう。

仕事の話ばかりするのはNG

最近は、女性が職場で活躍することも多くなっていますが、仕事の話ばかりされてしまうと女性は恋愛対象として見ることが難しくなってしまいます。
特に、ロマンチックな雰囲気になったときに現実的な話しをされてしまうと台無しになってしまうので要注意です。
しかし、バリバリのキャリアウーマンの場合は仕事のことを否定してしまうのも良くありません。
バランスが大切ということになります。

婚活がなかなか上手くいかないと悩んでいる男性は、女性と関わる中で褒め方を失敗している可能性があります。
自分自身がどのように女性と接してきたか見直してみてください。